LPSって何?LPSはどんな成分で身体にはどんな効果があるの?

LPSという略称を聞いたことがあるでしょうか。

 

あまり聞きなれないかもしれないLPSですが、私たちの生活にも深く関わっている成分です。

 

LPSとはどんな成分なのでしょうか。

 

 

◆LPSとは?

 

LPSは「リポポサッカライド」の略称で、免疫力を高める役割が特徴の成分です。

 

免疫力を高めるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

私たちの周囲には、目に見えなくても最近やウイルス、汚染物質などが大量に存在しています。

 

これらの有害物質があっても通常に生活していけるのは、免疫があってこそのものですよね。

 

免疫力が高まれば、有害物質を身体から排除し、健康な身体を保つことができます。

 

では、その免疫力を高めるには具体的にどのような方法が考えられるのでしょうか。

 

免疫力を高めるには様々な方法がありますが、中でも画期的なのが免疫ビタミンと呼ばれるLPSを摂取することです。

 

食事で確実に免疫を高める成分を摂取することができ、免疫力を高めるのに大いに役立ちます。

 

 

◆LPSを摂取するには?

 

LPSと呼ばれる免疫ビタミンを摂取するには、どんな食事をしたらいいのでしょうか。

 

LPSを摂取するのに役立つ代表的な食品として玄米が挙げられます。

 

玄米は「完全栄養食」と呼ばれる食品です。

 

玄米は非常に栄養豊富なことで知られています。

 

実際、玄米には人間が健康に生きるために必要とするビタミン・ミネラル・食物繊維など、さまざまな種類の栄養素をたっぷりと含まれており、玄米のみで必要な栄養素が摂取できるというほどです。

 

そして、この玄米にLPSも含まれているというわけです。

 

 

◆玄米を摂取するといい?

 

玄米はたっぷりと様々な栄養をとることができ、LPSも含まれていることから積極的に摂取できれば心強い食品ですが、白米よりもクセが強く食べにくい、あまり好きではないという人も多いですよね。

 

そういう場合は、玄米ではなくても、「金芽米」「金芽ロウカット玄米」というお米を食べるのがおすすめです。

 

「金芽米」「金芽ロウカット玄米」は、白米ほど完全に精米してしまっているわけではなく、LPSの含まれた部分を残して精米しているため、玄米よりも食べやすく白米よりもLPSをたくさん摂取することができるようになっています。

 

その他にも、今ではサプリメントなどを使用してLPSを摂取するという方法をとることもできます。

 

LPSを摂取することにより、自身の免疫力や抵抗力を高め、ウイルスや有害物質に負けない身体を作っていきましょう。