乳酸菌の働きは?乳酸菌の効果と効率的なとり方はどうしたらいい?

積極的に摂取したい栄養素として名前を聞くことが多い乳酸菌。

 

乳酸菌はどのように身体に作用してくれるのでしょうか。

 

また、乳酸菌を効率的に摂取するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

◆腸内環境と乳酸菌

 

乳酸菌のはたらきとして真っ先に思い当たるのは腸内環境をよくしてくれることです。

 

腸内には善玉菌、日和見菌、悪玉菌が存在しており、そのバランスによって腸内環境が左右されます。

 

健康的な腸内環境は、善玉菌:日和見菌:悪玉菌が2:7:1という比率のバランスであるといわれています。

 

善玉菌の比率が2しかなくても大丈夫なのかと感じますが、日和見菌は優勢なほうの働きをするため、悪玉菌よりも善玉菌が少し優勢なぐらいでも大丈夫というわけです。

 

悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内環境が悪くなり、腸の内部で有害物質を発生させたりして身体への多くの悪影響をもたらします。

 

 

◆乳酸菌のはたらきは?

 

乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えてくれるはたらきをしてくれます。

 

悪玉菌の増殖を抑えることができれば腸内環境を善玉菌優位にしやすく、おなかの調子を整えることができます。

 

また、乳酸菌がになう大きな役割の一つとして、免疫システムを刺激するということがあります。

 

人間の免疫システムは腸の近くに集まっているといわれています。

 

乳酸菌を多くとることでこの免疫システムを刺激し、免疫を活性化させることで病気を防いでくれるというわけです。

 

 

◆乳酸菌を効率良くとるには?

 

腸内環境の改善、免疫システムの活性化など見逃せない健康効果をたくさんもつ乳酸菌。

 

しっかり摂取するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

乳酸菌のとり方において、ポイントとなる2点を紹介します。

 

 

1、食後にとること

 

乳酸菌は胃酸に弱いため、胃酸が薄まっているタイミングにとると効率よくとることができます。

 

胃酸が薄まっているタイミングは、食事をしたあとです。

 

食後のデザートにヨーグルトをとるようにすると、デザートを楽しむことができて、乳酸菌も効率よく摂取することができるといえます。

 

 

2、乳酸菌のエサをいっしょにとること

 

乳酸菌のみを摂取するよりも、乳酸菌のエサとなる栄養素を一緒に摂取するのがおすすめです。

 

エサが豊富にあるほうが、増えやすくはたらきもよくなりそうですよね。

 

乳酸菌のエサとなるのは食物繊維やオリゴ糖などです。

 

食後のヨーグルトにバナナを混ぜて食物繊維をいっしょにとる、ハチミツで甘みを足してオリゴ糖をとるなどで、おいしく効率的に乳酸菌を摂取しましょう。