健康に良い食事をするために!食事で免疫力を高めるにはどうする?

免疫を高めて病気になりにくい身体を作るのに、毎日の食事を利用することができたら手軽で良いですよね。

 

免疫力を高め、病気になりにくくする効果が期待できる食事には、どんな食材を用いるのがいいのでしょうか。

 

もちろんバランスの良い食生活が大切ですが、特に免疫に良い食事の食材をピックアップしてご紹介します。

 

 

◆免疫力を高める食材@「玄米」

 

玄米は、これだけでも完全栄養食と言われるほど栄養素の豊富な食材として知られています。

 

免疫という面から見ても「LPS」という免疫力を高める成分が含まれているため大切な食材といえます。

 

玄米はクセがあって食べにくく、苦手だと感じる場合もあるため、その場合は金芽米などを食べることで白米よりもLPSをとることができます。

 

 

◆免疫力を高める食材A「根菜類」

 

免疫力を高めるのには、身体を冷やさないことも大切といわれています。

 

身体を温めてくれる食材にはさまざまなものがありますが、しょうがやにんじん、大根などの根菜類は一般的に身体を温めてくれる作用があるといわれています。

 

逆に、キュウリやナス、トマトなどの夏野菜は身体を冷やしてしまう作用があるといわれているため、摂取する際には気をつけてみてくださいね。

 

 

◆免疫力を高める食材B「乳酸菌」

 

乳酸菌は腸内環境をよくすることで有名な栄養素ですが、腸付近にある免疫システムを刺激することで免疫を活発にするというはたらきも持っているんです。

 

乳酸菌のみでの摂取よりも、えさとなるオリゴ糖や食物繊維といっしょに摂取するのがおすすめです。

 

 

◆免疫力を高める食材C「キノコ類」

 

キノコ類は、重要な免疫細胞であるマクロファージの働きを活発にしてくれる「β-グルカン」という栄養素を含んでいます。

 

マクロファージは体内に侵入してくるウイルスや細菌に直接作用し、食べることで排除し、抗原を他の免疫細胞に伝えるという重要な役割を果たしているため、β-グルカンの摂取で応援してあげましょう。

 

 

◆バランスの良い食事が大切!

 

特に免疫と深いかかわりを持つ食材をご紹介しましたが、健康な身体を保つためにはバランスの良い食生活が大切です。

 

玄米は完全栄養食と言われるほどの食材ではありますが、ここに挙げた食材ばかりを食べるのではなく、バランスよくいろいろな栄養素をとることが大切です。

 

どうしてもバランスのよい食事ができないという場合には、サプリメントなどの力を借りるという手もあります。

 

毎日の食事に気を配り、免疫力を高めて元気に過ごしたいですね!